政党・マスコミでは小泉改革の光と影という論調が多いですが、果たして純粋で精緻な経済分析に基づいたものでしょうか?
ためにする論調ではないでしょうか?


当研究所では、データに基づいて小泉改革の光と影について、順を追って解説する計画です。

ぜひとも、皆様のご批判とご意見を賜りますようお願い致します。

小泉改革がなしえたことと問題点をデータで証明することによって、小泉改革を継続しなければならないことは何か、フォローしなければならないことは何かについて議論したいと思います。

【概要】
1.「小泉改革の光と影」とか「格差社会」という言論は感覚的過ぎないか?(野党批判・マスコミ批判)
2.小泉改革は生産指数(など)で成功し、消費(など)で失敗している
3.小泉以前(73〜2001)の景気指標(多数)を周波数分析して、傾向線(三角関数の集合)を算出し、この延長線と小泉以降の実測値(多数)をそれぞれ比較して小泉改革を評価する。
4.周波数分析による傾向線(三角関数の集合)のパラメーターである三角関数の周波数と振幅(貢献度)を各景気指標について検証しグルーピングする。
5.小泉改革の成果を継承して、フォローする方法

以後の内容はカテゴリー・ページの、「論点」と「論点の簡単・明瞭バージョン」に続きます。

「論点」:正式バージョン

「論点の簡単・明瞭バージョン」:文字通り」簡単・明瞭

左ガイドのカテゴリー「論点」「論点の簡単・明瞭バージョン」をクリックしてください。
資料だけ見たい場合は「資料」をクリックしてください。


2006年06月23日

「退職手当債」で食い逃げさせるな! 【トラック・バック】

「退職手当債」で食い逃げさせるな!
テーマ:政治・経済 週刊ダイヤモンド2006年6月24日号 プリズム
鎌塚正良「『退職手当債』への疑念」

退職手当債とは、何でも自治体が退職金の財源に充てるために発行する特例債のことらしい。退職手当債の発行には国の許可が必要で、従来は財政再建の取り組みが求められるなど、厳しい条件がつけられるということやった。
総務省は今後10年間、これまで認められていなかった定年退職者の手当に起債ができるとゆー特例措置を盛り込む形で地方財政法を改正したらしい。

これは大変なことです。
財政改善を大目標に掲げる「小泉改革」において、こんな蛸足配当が、しかも、竹中大臣の足元で行われるとは!!

確かに銀行の大赤字に対して公的資金が投入されるということがおましたわな〜。銀行は生産部門ですから、いずれは借金を返済することができるはずで、実際にも返済をしております。

公務員とは何も生産しない部門でっせ。
何も生産しない部門が大きな借金を抱えたら、いずれ自治体は破産しますよ。これまた税金で補うしかありません。
どうして、こんなことを総務省が許可したのか、理解に苦しみます。

コラムの作者、鎌塚はんは強烈に異を唱えとる。
自治体の職員給与の改革なくして、今までええ思いをしてきた職員に満額の退職金まで追い払いすることはないっつーことやな。食い逃げさす前に、しっかりと改革をさせる必要ありや

そんな悠長なこと言うてる場合やおまへんで!! 
今すぐにでも退職手当債を禁止しないと!!

返済のあてのない借金をさせないという縛りがあってこそ、コスト削減(実際には公務員のリストラと賃金カット)、それ以外にも『特殊勤務手当』などという不健全な慣行を廃止することが可能なのです。
生産部門であり利益を生む民間でさえそうしたのですよ。いわんや非生産部門においてをや。なおさら「縛り」が必須です。

カエルを熱湯にいれると驚いて逃げ出します。それで命が助かります。借金を重ねながら、ジンワリと熱するとカエルは良いコンコロモチで茹で上がって死んでしまいます。『退職手当債』で自治体をジンワリ茹で上げて殺そうという魂胆ですな〜〜

「これが民間企業なら、大幅な人員削減や賃金カットを伴うリストラの断行は必至だ。行政サービスといえども、ゴーイングコンサーン(継続企業の原則)を究極の目的とする企業経営同様、生き残るためには、時に身を削るような努力を惜しんではならない。
自治体が真っ先に取り組むべきは、職員給与をガラス張りにしたうえで、以前から批判の的になってきた『特殊勤務手当』などの見直しを進めることである。三〇あるいは五〇項目あるともいわれるこれら手当のなかには、住民の理解が得られないようなものがたくさんある。いまだに退職時の特別昇給を実施している地方自治体も少なくない。これを放置したままでは、住民の理解はとうてい得られまい。」

「身を削るような努力」は後でやれば宜しいがな。
いますぐやるべきことは返済可能性がない借金の禁止でしょう。(サラ金業者と同じです)



この記事へのコメント
初めまして、ブログってけっこう難しいですよね!
気になってコメントつけさせていただきました。
ちょこちょこ拝見させていただきます。
Posted by yayoi at 2006年06月23日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

26市が退職手当債発行・06年度 団塊退職
Excerpt: 日経NETによると、2007年から始まる団塊世代の大量退職に伴う退職金の手当てする為に千葉市など26市が今年度に退職手当債を発行するとのこと。
Weblog: 増税・節税・減税☆税金を考える
Tracked: 2006-06-23 16:50

篠田昭・新潟市長に”当然のことをしたで賞”を授与する。
Excerpt:  自由北朝鮮政府は、篠田昭・新潟市長に”当然のことをしたで賞”とともに、ユニバース・トレーディングから押収した万景峰号で送れなくなった金正日向け黒マグロ1トンを授与する。 関連施設の税減免見直し..
Weblog: 在日本 自由北朝鮮政府布告
Tracked: 2007-05-19 14:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。