政党・マスコミでは小泉改革の光と影という論調が多いですが、果たして純粋で精緻な経済分析に基づいたものでしょうか?
ためにする論調ではないでしょうか?


当研究所では、データに基づいて小泉改革の光と影について、順を追って解説する計画です。

ぜひとも、皆様のご批判とご意見を賜りますようお願い致します。

小泉改革がなしえたことと問題点をデータで証明することによって、小泉改革を継続しなければならないことは何か、フォローしなければならないことは何かについて議論したいと思います。

【概要】
1.「小泉改革の光と影」とか「格差社会」という言論は感覚的過ぎないか?(野党批判・マスコミ批判)
2.小泉改革は生産指数(など)で成功し、消費(など)で失敗している
3.小泉以前(73〜2001)の景気指標(多数)を周波数分析して、傾向線(三角関数の集合)を算出し、この延長線と小泉以降の実測値(多数)をそれぞれ比較して小泉改革を評価する。
4.周波数分析による傾向線(三角関数の集合)のパラメーターである三角関数の周波数と振幅(貢献度)を各景気指標について検証しグルーピングする。
5.小泉改革の成果を継承して、フォローする方法

以後の内容はカテゴリー・ページの、「論点」と「論点の簡単・明瞭バージョン」に続きます。

「論点」:正式バージョン

「論点の簡単・明瞭バージョン」:文字通り」簡単・明瞭

左ガイドのカテゴリー「論点」「論点の簡単・明瞭バージョン」をクリックしてください。
資料だけ見たい場合は「資料」をクリックしてください。


2006年05月13日

庶民は景気回復の実感なんかないんだよ ??

庶民は景気回復の実感なんかないんだよ。一部の強者が数値を押し上げているだけに過ぎないんですよ。多くの庶民は小泉改悪で苦しめられ続け、その上今後増税ですよ。バブル超え、いざなぎ超えなんて庶民は誰も実感していなんですよ。多くの庶民は小泉なんか信じた自分が馬鹿だったと言ってるよ。

景気回復「バブル期」抜く公算 庶民に実感、なお時間

成長率「半分」、賃金も減少
 景気の回復・拡大は五月、戦後二位の「バブル景気」を抜いて五十二カ月に達する公算が大きくなっている。十一月まで続けば「いざなぎ景気」を超え、戦後最長を更新する。だが、巷(ちまた)では依然「実感がわかない」との声が多く聞かれる。過去の好景気と何が違うのか。データをひもときながら探った。(中川真)

≪製造業で先行≫
 「百貨店の外商で高額商品が売れている」「六本木で深夜にタクシーがつかまらない」…。
 最近、一部でバブル再来を思わせる話が聞かれるようになった。消費意欲を示す三月の「消費者態度指数」も、十五年ぶりの高水準となり注目された。家計と販売の両面から分析する「消費総合指数」も右肩上がりの基調が続いている。
 だが、多くは「バブル」や「いざなぎ」で味わった“時代の変化”を体感できていない。それを裏付けるのは、経済指標や賃金、消費面での大きな違いだ。
 例えば、この間の実質成長率は「バブル」の半分、「いざなぎ」の四分の一にすぎない。
 賃金収入や消費支出に至っては、家計調査を見る限り、平成十四−十七年の四年間で減少している。多くの企業は財務立て直しを優先し、賃金や消費は立ち遅れているといえる。
 これを「経済格差」と結びつける向きもあるが、景気の回復・拡大は自動車、電機など輸出主導型の製造業で先行しており、「全体の七割を占める非製造業のサラリーマン世帯が実感できるのはこれから」(第一生命経済研究所の飯塚尚己主席エコノミスト)といった見方が主流だ。

≪長さに関心≫
 だからこそ、景気拡大が「いつまで続くか」に関心が集まる。
 与謝野馨経済財政担当相は「『いざなぎ』を軽く抜く」と自信を示す。企業が「バブル期のように浮ついていない」(内閣府幹部)というのが最大の根拠だ。派手さこそないが、需要が供給を上回る状況も出てきており、生産過剰による景気の腰折れリスクは小さいというわけだ。
 足元の円高、原油高、長期金利上昇といった懸念材料もあるが、「むしろ成長のペースを適度に抑える」(野村証券の木内登英シニアエコノミスト)と、好景気をなだらかに長続きさせる効果を指摘する向きもある。金利上昇も「シニア層が利子所得を増やし、個人消費を引っ張っていく」(木内氏)とプラス面を強調する声も。来年からは団塊世代の大量退職も始まり、退職金の使途が消費にどう結びつくかも注目される。
 いざなぎの「3C(カラーテレビ、車、クーラー)」や、バブルの「株、土地」のように、今回の景気を象徴するモノや事象が見えるまで、もう少し時間がかかりそうだ。
(産経新聞) - 5月1日3時3分更新


と言っても景気が回復しているのは事実ですから、いずれ近いうちに実感するでしょう。
記事でも「もう少し時間がかかりそうだ」と言っているのだから。


この記事へのコメント
産経 中川真 『主計官、中川真氏と週刊誌『AERA』の美人記者Aさんの不倫スキャンダル――。中川氏は東大法卒、篠沢恭助・元大蔵事務次官(現・国際協力銀行総裁)の娘婿。A記者は元週刊文春記者で金融問題などで数々のスクープを飛ばした辣腕記者だ。
Posted by 主計官、中川真氏 at 2007年06月08日 18:07
成長率「半分」、賃金も減少
 景気の回復・拡大は五月、戦後二位の「バブル景気」を抜いて五十二カ月に達する公算が大きくなっている。十一月まで続けば「いざなぎ景気」を超え、戦後最長を更新する。だが、巷(ちまた)では依然「実感がわかない」との声が多く聞かれる。過去の好景気と何が違うのか。データをひもときながら探った。(中川真)
Posted by 経 産 真 中川 at 2007年06月08日 18:11
財務省の主計官、中川真氏と週刊誌『AERA』の美人記者Aさんの不倫スキャンダル――。中川氏は東大法卒、篠沢恭助・元大蔵事務次官(現・国際協力銀行総裁)の娘婿。A記者は元週刊文春記者で金融問題などで数々のスクープを飛ばした辣腕記者だ。 ...
www.as-nikki.com/usr/ica-b/scr3_diarys.cgi?cat=363themis
Posted by 【月刊『テーミス』編集部 ブログ】 at 2007年06月08日 18:11
【人語り】財務省主計官・中川真(46)「日本の得失考えたい]昭和58年に東大法学部を出て財務省へ入った。新人キャリア組のお決まりのコースである留学先はケンブリッジ大だった。同期生は25人。入省以来23年たつが、1人も欠けていない。これはまれなことだという。

Posted by 財務省主計官・中川真(46) at 2007年06月08日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

バブル再来
Excerpt: バブル再来
Weblog: AML Amazon Link
Tracked: 2006-05-14 20:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。