政党・マスコミでは小泉改革の光と影という論調が多いですが、果たして純粋で精緻な経済分析に基づいたものでしょうか?
ためにする論調ではないでしょうか?


当研究所では、データに基づいて小泉改革の光と影について、順を追って解説する計画です。

ぜひとも、皆様のご批判とご意見を賜りますようお願い致します。

小泉改革がなしえたことと問題点をデータで証明することによって、小泉改革を継続しなければならないことは何か、フォローしなければならないことは何かについて議論したいと思います。

【概要】
1.「小泉改革の光と影」とか「格差社会」という言論は感覚的過ぎないか?(野党批判・マスコミ批判)
2.小泉改革は生産指数(など)で成功し、消費(など)で失敗している
3.小泉以前(73〜2001)の景気指標(多数)を周波数分析して、傾向線(三角関数の集合)を算出し、この延長線と小泉以降の実測値(多数)をそれぞれ比較して小泉改革を評価する。
4.周波数分析による傾向線(三角関数の集合)のパラメーターである三角関数の周波数と振幅(貢献度)を各景気指標について検証しグルーピングする。
5.小泉改革の成果を継承して、フォローする方法

以後の内容はカテゴリー・ページの、「論点」と「論点の簡単・明瞭バージョン」に続きます。

「論点」:正式バージョン

「論点の簡単・明瞭バージョン」:文字通り」簡単・明瞭

左ガイドのカテゴリー「論点」「論点の簡単・明瞭バージョン」をクリックしてください。
資料だけ見たい場合は「資料」をクリックしてください。


2006年05月13日

小泉改革評価 「家計消費支出(全国勤労者世帯)(前年同月比)」

参考資料:
家計消費支出(全国勤労者世帯)(前年同月比)
http://kouzumi2.up.seesaa.net/image/Koizumi_Kakei_2001_2166_image001.gif

元資料:
経済社会研究所の景気動向指数
http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/menu.html#di

図表の説明
1.1973/1〜2001/12を小泉以前とする。
2.2002/1〜2006/1を小泉改革とする。
3.青線=実測値
4.黒線=長期=小泉以前の実測値を「波分析器」にかけて波のサイクルが1200ヶ月〜120ヶ月で貢献度の高いものを選んで集計した。
5.黄線=中期=小泉以前の実測値を「波分析器」にかけて波のサイクルが1200ヶ月〜12ヶ月で貢献度の高いものを選んで集計した。
6.白線=全体=小泉以前の実測値を「波分析器」にかけて波のサイクルが1200ヶ月〜6ヶ月で貢献度の高いものを選んで集計した。
7.赤線=小泉以前以後にかかわらず、その時点までの実測値を「波分析器」にかけて波のサイクルが1200ヶ月〜12ヶ月で貢献度の高いものを選んで集計した。
これは実測値と基準値を同じベースで比較するためである。(赤線は青線の理論値である)

評価
1.小泉改革後の実際(赤線)は小泉以前の波の延長である黄線を下回っている。
  →小泉改革は家計消費を鈍化させた。
2.小泉改革開始の時点で中期の波の傾向(黄線)は上昇であり、実際(赤線)も上昇したが2003年に上昇の度合いが小さくなった。
  →小泉改革は家計消費の上昇傾向に歯止めをかけた。
3.小泉改革開始の時点で長期の波(黒線)は上昇傾向であるが実際(青線)は上昇の程度が小さい。今後上昇する勢いが見えない。
  →小泉改革は家計消費を向上させる期待が持てない。

最終評価:X (○△X評価で)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17760005

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。